• 田島裕子ピアノ教室

つめは短くね







ピアノを弾く時に「つめを短くすること」は、基本的なルールです😊



レッスンに来た生徒さんに「爪が長いよ〜💦」と注意することもあります。



なぜ、短い必要があるのか...


それは、正しい手のフォームを作るためです。



爪が長いと、ピアノを弾く時に爪が鍵盤に当たってしまい、結果的に第一関節を伸ばして弾かざるを得なくなります。



ピアノを始めたばかりのときに、この癖がついてしまうと、大変です。


指を伸ばして弾く癖がついてしまい

音が乱暴になったり、速く弾くことが難しくなったり…してしまいます。


鍵盤もカチカチなってしまったり、滑ってしまったりとても弾きづらいです。



音の粒をそろえて、きれいな音で弾くために、

手のひらにテニスボールをつかむような🎾感覚で、丸い形をつくりましょう。



小さな生徒さんにはツムツムをやさしく持って、手のひらの形を覚えてもらったりしています。

(親指で目隠しするんだよ〜ミニーちゃんをやさしくにぎってね♬)





私自身は、子供の頃からずっと爪が短かったので「爪が長いとピアノを弾くときどんな感じなのだろうか?」


と疑問に思っていたのですが



つい先日、結婚式を挙げたときに、判明しました。

一生に一度だと思い、期間限定でブライダルネイルをしてみたのです。


ネイルはずっと眺めていたくなるくらいとっても可愛くて✨本当に良い思い出になったのですが、


ピアノを弾くときにいつもの形では弾くことができず、かなり違和感を感じてしまいました💦

結果的に10日間で落とすことに…(モッタイナイ…)



そのときに、改めて爪の短さがいかに大切かを実感しました。



生徒さんの中でも、おしゃれさんはたくさんいて、「ママにやってもらったよ〜」と、ネイルアートを見せてくれる子もいますが、もちろん短ければOKですよ✨❣️😊



もちろん、深爪になるくらい短くしなくて良いです。手をパーにして、手のひらから見たときに、爪が見えなければOK!!



レッスンの前に切る、ではなくて日頃から短くして練習しましょう☺️🎹




#小竹向原 #ピアノ教室 #江古田 #常盤台 #新桜台



©2020 by 田島裕子 ピアノ教室