• 田島裕子ピアノ教室

音大対応の楽典・聴音のレッスンも行なっています

当教室では、音大受験のためのピアノ、楽典、聴音レッスンを行なっています。




楽典とは?

基礎的な音楽理論です。 主として、楽譜の読み方、書き方、楽譜からの情報の読み取り方、調性、音程、和声について学習します。

また、音楽用語(ドイツ語やイタリア語)を修得します。 ピアノレッスンと並行して行います。



聴音…耳で聞いた音楽(旋律や和音)を、楽譜に正確に書き記すことです。


どちらも音大受験の必須科目です。



例えば…


こちらは武蔵野音楽大学の過去問題の楽典です。









それから、こちらは聴音課題。



聴こえてくる音楽が、何調で、何拍子で、どんな音程か、どんなリズムか、頭の中で楽譜を描けるようになります。


ピアノを習っていると、絶対音感がつきやすいですが、絶対音感を生かして、楽譜にできる能力があると様々なことに大変役に立ちます。




これらの課題は、音大準備コースの内容ですが、


小学生のレベルに合わせたものからもレッスンしています😊



ピアノレッスンとは異なる内容ですので、私自身が子供の頃は、ピアノレッスンと、ソルフェージュレッスン(聴音や楽典など)両方に通っていました。


当教室では、ピアノレッスンとセットで受講することも可能です。


ご興味のある方は、ご相談ください⛄️





©2020 by 田島裕子 ピアノ教室