• 田島裕子ピアノ教室

耳を育てる

最終更新: 2019年9月29日

幼児期のレッスンは特に

「歌うこと」を大切にしています😊


この時期、耳がぐんぐん育っていきます👂✨

感性もとっても豊かな時期です🍀




「初めて出会う曲はどんな曲だろう?」

と、ワクワクしますよね。


楽譜選びもとても大切✨

色彩感豊かで、音楽的に歌いやすい曲を選んでいます。


こちらは呉暁先生の「うたとピアノの絵本」

一緒に絵を見て、どんな場面かを考えます🐇

「うさぎさんとカメさんが追いかけっこしてるね〜」

「どっちが勝ったんだろう?」


子供たちの想像力は無限です☺️

時には、感心してしまうほど、広ーい宇宙のような世界を持っています✨


そして、イメージを膨らませて

一度演奏のお手本を聴いてもらってから


講師の伴奏に合わせて、

歌詞で一緒に歌ったり

(🎵うさぎぴょん!とはやいよ〜)


ドレミで一緒に歌ったりします。

(🎵レミファソミドラシソドー)


そして、歌いながらピアノを弾きます🎵


歌いながら弾けるようになったら

楽譜の音符を見ながら、ドレミで音読みします。

この時には、ちゃんと音程付きで歌えるようになりますよ🎵


完成したら、講師の伴奏付きで一緒に連弾をします🎹

一緒に弾くことで、音の広がりや和声感を感じたり、テンポ感を身につけることができます😊



「きく→うたう→ひく→読む」

この順番で幼児さんのレッスンを行うことで、


ドレミファソラシドが、無機質な文字や言葉としてではなく

音楽に対するイメージを持ち「音程」✨というカラーつきで、歌える=弾けるようになります。


そして想像力を膨らませながら

歌うようにピアノを弾くと、音楽的な演奏になります❣️


大切なのは、ドが読めて弾けるようになることではなく、

どんなドで弾きたいのか🍀を考えて音色を奏でること。


音程付きで音符を歌えるようになること🎵



「はじめに楽譜は読まないのですか?😳」というご心配は無用です😌


順番が入れ替わるだけで、音符を読む(音符を見て歌う)ことも行なっていますし、


こちらのソルフェージュ教材やワークブックで、譜読みのトレーニングを行なっているので、自然と力がついていきますよ😊





音楽に対する感性や、良い耳がぐんぐん育ちますように。

©2020 by 田島裕子 ピアノ教室