• 田島裕子ピアノ教室

指導者としての願い

最終更新: 2019年9月5日

先日、ヤマハの指導者向けの勉強会に参加しました。


その中のお話で、私自身も日頃、心から大切だなと思っていることがあったので

ブログに残したいなと思います。





「ピアノのレッスンにおける小さな目標、大きな目標はなんでしょうか?」



小さな目標は、毎週のレッスンでの曲の合格など。


大きな目標は、舞台での演奏、コンクール、発表会、試験など…


…だけではありません。



大きな目標は「大人になっても、ピアノを楽しめること」です。


大人になっても、音楽が身近な存在であり、心の支えであり、楽しみでもある✨


ピアノがそのような存在になってもらえたら、指導者としてこの上ない喜びです😌



よく、保護者の方からのお話で


「子供の頃に習っていましたが、先生がとにかく厳しくて…

ミスタッチをすると物差しで手を叩かれたり、蓋を閉められたり、物がとんできたり。

いつも怒られてばかりで、教室に向かう足が震えていました💦」


「早く辞めたかったです。辞めてからは全然弾いていません。」


というお話を伺います。

(結構、よく聞くお話なんです)


もちろん、厳しいレッスンを乗り越えて、確実な技術を身につけ

「あのとき頑張って良かった…✨あの厳しさがあったからできるようになったんだ。」


と大人になってプラスに働けば、それは素晴らしいことです🍀



しかし、そう思えなかった場合、

せっかくピアノに向き合っていた時期があったのにも関わらず、

音楽と疎遠になってしまっては、とても残念です😢



お母様がピアノに対して「レッスンが怖かった」「練習が嫌だった」「楽譜が読めなかった」など、マイナスイメージを持ち、

お子さんにお話をされてしまうと


「ピアノってそうなんだ…😨」

と知らず知らずの間に、思い込んでしまう場合もあります。



指導者としての願いは、

「ピアノを好きになってもらうこと」です。


楽しめるようになるために技術を身につけること。


大人になった時に、お子さんと一緒にまた音楽を楽しんでもらうこと。


ご家族でピアノのある生活を楽しむこと…


そんな素敵な連鎖が起こってほしいなと願っています。



みなさんが素敵な音楽ライフが送れるよう、毎週の、生徒さんとのレッスン時間を大切にしています🌷

©2020 by 田島裕子 ピアノ教室