• 田島裕子ピアノ教室

ピアノのためのストレッチ

最終更新: 2019年9月29日





筋トレ好きな夫が、最近こんな本を買ってきました。






世界一伸びるストレッチの本と、筋トレの道具。



わたしも興味があったので、さっそく我が家の日課になりました😊



ストレッチは、ピアノの練習にも必要なことです。

指の可動域を広げたり、動きをよくするために、練習の際に取り入れてみると、弾きやすくなったりするので、レッスンに取り入れたりしています。


(わたし自身もピアノのレッスンで、ストレッチの大切さを学びました。)



今日のレッスンでも

「左手のオクターブのトレモロががうまく弾けない💦」と言っていた小6の生徒さんが、1分間指のストレッチを行ったところ、ノーミスで弾けるようになり、生徒さん本人もびっくりしていました😊



こちらの本に書かれていたことですが、


🍀「体が温まった状態で始める」


🍀「痛気持ちよく伸びる場所で止める」


🍀「ポーズが完成してから、最低30秒間キープする」


🍀「呼吸をする」


🍀「同じストレッチを週5〜7日行う」



などが大事なようです。


特に呼吸。ついつい忘れてしまいがちです。


そして、痛みに耐えたり、反動で伸ばすストレッチはNG🙅‍♀️



そして、同じストレッチをしても人によって感じ方が全然違うようです。


わたしは、学生の頃から頭痛持ちなので、首の付け根を伸ばすストレッチがとてもよく効きます✨


特に硬いなぁと思う場所を見つけたら、重点的に行うと良いそうです🎵



音大でも演奏のための解剖学の授業がありましたし、最近は「ピアノ演奏のためのストレッチ本」も出ています🎼


ストレッチ、興味深いですね😊




©2020 by 田島裕子 ピアノ教室